MENU

プラセンタの効果

プラセンタとは英語で胎盤を意味し、人体に欠かせない各種の物質を胎児に供給する重要な役割を担っています。

プラセンタにはタンパク質や酵素・ビタミン・アミネラル・糖類・核酸・各種グロスファクター(成長因子)など数百種の成分が含まれ、プラセンタの効果にはホルモン調整作用、抗酸化作用、免疫賦活作用、美白作用、細胞分裂増殖作用をはじめ様々な効果や機能があります。


健康食品や化粧品に利用されるプラセンタ原料は一般的に豚由来プラセンタが使用されますが、最近では馬由来プラセンタ植物由来プラセンタも登場。
さらに、医薬品の分野ではヒト由来プラセンタの使用が認められており、更年期障害、乳汁分泌不全、肝機能改善の医療用医薬品が保険適用されるなどプラセンタの効果は異形の分野でも認められています。


健康食品、化粧品分野では皮膚細胞修復作用美白作用の体感性が高いので、安定した需要を確保しています。


さらに、アンチエイジング素材としても脚光を浴び、プラセンタを利用したドリンク、サプリメント類、スキンケア化粧品での商品開発が活発化。
メーカーによる機能研究も進んでおり、エステティックサロン美容外科クリニックにおいてドクターの評価が高く、更年期障害対策、肝機能改善、アレルギー対応など美容目的以外での利用も広がってきています。